CONCEPT

人間工学に基づいたアイウェアデザイン、「Kazuo Kawasaki」。

川崎和男氏の設計を、増永眼鏡の技術力で、忠実に具現化したブランドです。
「スマート&ハイテクノロジー」をコンセプトに、最小限のパーツ数で機能性と存在感を表現。
メインマテリアルには軽量かつ人体に優しいチタンを採用し、 真に求められる次代のメガネを探求。
デザインと技術の共鳴が新たな世界を拓いています。

眼への負担を軽減する構造。

眼への負担を軽減する構造。

メガネをかけた瞬間のレンズに生じる圧力を解消。眼への負担を軽減する画期的な「アンチテンションフレーム」構造を採用しています。

美しく軽い表情のフレーム。

美しく軽い表情のフレーム。

レンズシェイプを美しく見せ、フレームを軽量化させたストリングレム構造。テンプルは、レンズにかかる圧力の軽減に作用しています。

機能性を向上するリムレス。

機能性を向上するリムレス。

レンズ止めネジを廃止し、ガタツキを解消。また、一カ所一穴の設計は、広い視野の確保とともに、デザインバリエーションを多様にしました。

伸びやかさを表現するライン。

伸びやかさを表現するライン。

テンプルの伸びやかな表情が印象的な「カワサキライン」。ネジを使用しない「カワサキディスク」とともに独創的な機能を創出。

Designer

川崎 和男 Kazuo Kawasaki

川崎 和男 Kazuo Kawasaki

デザインディレクター・博士(医学)

http://www.kazuokawasaki.jp/

大阪大学・名誉教授
名古屋市立大学・名誉教授
多摩美術大学・客員教授

大阪大学大学院医学系研究科にて「危機解決産業創成デザイン重要拠点」として、「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」特任教授

1949年福井市生まれ、魚座・B型・左右利き
インダストリアルデザイン・プロダクトデザインから、デザインディレクターとして、伝統工芸品、メガネ、コンピューター、ロボット、原子力、人工臓器、宇宙空間までデザイン対象として、トポロジーを空間論に持ち込んだ「ことばとかたちの相対論」をデザイン実務としている。

光造形システムの日本で最初のデザイン応用の先駆者であり、ようやく流行し始めた3d-printerによる3d-printing(技術)の日本の中心核となる大阪大学のリーダーである。

グッドデザイン賞審査委員長など行政機関での委員を歴任。国内外での受賞歴多数。また、ニューヨーク近代美術館など海外の主要美術館に永久収蔵、永久展示多数。『Newsweek日本版』の「世界が尊敬する日本人100人」に2度選ばれる。現在デザインによる世界平和構築をめざして「Peace-Keeping Design(PKD)」というプロジェクトを提唱。

「毎日デザイン賞」調査委員
「シップ・オブ・ザ・イヤー」選考委員会委員
「日本文具大賞」審査委員長
「DESIGN TOKYO – 東京デザイン製品展 -」審査委員長
「DESIGN TOKYO – PROTO LAB -」審査委員長

1996年から名古屋市立大学から2006年に大阪大学大学院に移籍
2013年には名古屋市立大・大阪大学の国公立2つの大学の名誉教授

Manufacturer

増永眼鏡株式会社

増永眼鏡株式会社

http://www.masunaga-opt.co.jp/

増永眼鏡株式会社は、1905年の創業以来、福井県福井市を拠点に世界へ向けた活動を続けている、眼鏡フレームのメーカーです。「TOKI」、「G.M.S」、「光輝」、「THE MASUNAGA」、「MASUNAGA」、「KOKI」などのブランドを製造・販売しています。

PAGE TOP