Philosophy

PHILOSOPHY

手をかけること、目をかけること。

「当社は、良いめがねをつくるものとする。
出来れば利益を得たいが、やむを得なければ損をしてもよい。
しかし常に良いめがねをつくることを念願する。」
1905年、福井に眼鏡産業の礎を築いた当社創業者、
増永五左衛門の言葉です。
この、「良いめがね」とはいったい何なのか。

めがねは、目や鼻や口とともに顔の一部として、
人の第一印象を決めます。
いわば顔を飾るファッションアイテムとして、
靴よりも、腕時計よりも、最初に個性を相手に届けます。
また、めがねは、人が外部情報を採り入れるために、
視覚を補助する「医療器具」でもあります。
突きつめると、このふたつの機能を、
使用するひとに合わせて何処まで昇華できるかが、
めがねに課せられた使命なのです。

当社では、この使命に対して、
「手をかけること」そして、「目をかけること」でしか、
応えられないと信じています。

使用するひとのもとへ届くまでの時間において、
限りなく全てに手を施し、目を行き渡らせることー。
そのために、200にわたる製造過程と多数のパーツを、
全て自社で生産・管理しています。

さらに、
工場から出荷した時点ではまだ未完成であり、
使用する人にあわせて調整し、初めて商品として完成すると考えています。
ネット通販は行わず、直営店や信頼できるショップとの協力で、
お客様に直接お渡ししているのもそのためです。

当社のめがねが「良いめがね」であり続けるためには、
「Made in Japan」ではなく、
「Handmade in Japan」でなければいけないのです。